行の挿入や削除をしても、自動で連番を表示したい~ROW関数

ROW関数は、セルの行番号を求めることができる関数です。

行の削除や挿入した時にも連番をキープしてくれる便利な関数です。

ROW関数

=ROW(参照)

手動で連番を修正する手間が省けるんだよ。

 

それでは、B列に連番を振る場合を例に見ていきましょう。

行の削除や挿入をしても、自動で連番を表示してくれるROW関数

はじめに番号を入力してオートフィルで連番にすることもできますが、

行の削除や挿入をすると、番号を振りなおす必要があります。

ROW関数を使うと、番号を振りなおす手間が省けます。

 

行の削除や挿入をしても、自動で連番を表示してくれるROW関数

=ROW()-2

3行目から番号を振りたい場合は、引数を省略し、-2を入力します。

 

行の削除や挿入をしても、自動で連番を表示してくれるROW関数

1が表示されました。

 

行の削除や挿入をしても、自動で連番を表示してくれるROW関数

あとはオートフィルでリスト下までコピーすればOKです。

 

行の削除や挿入をしても、自動で連番を表示してくれるROW関数

つづいて、行を削除してみましょう。

単純に番号を入力した場合だと、3~9を削除すると2の次は10になってしまうけど…

 

行の削除や挿入をしても、自動で連番を表示してくれるROW関数

ROW関数を使っているので、1、2、3と自動で連番表示してくれました。

 

Excel 最強の教科書[完全版]
SBクリエイティブ
¥1,738(2020/06/02 13:41時点)
タイトルとURLをコピーしました